ハードウェアにおいてもっとも大切な概念とは

ハードウェアにおいてもっとも大切な概念とは

今までのデスクトップパソコンやノートパソコンなどの従来機では、マウスやキーボードを使ったユーザーインタフェースが主流でした。

ほぼ全てのアプリケーションが、この両方のユーザーインタフェースを必要としていました。

しかし最近は従来型のデスクトップパソコンやノートパソコン以外にも、タブレットパソコンやスマートフォンが普及しています。

これらのコンピューター端末には、従来のユーザーインタフェースであるマウスやキーボードが付属していません。

すごく便利なリコーのトナー情報収集ができます。

後付けでキーボードを利用することも出来ますが、しかし基本的には、タブレットパソコンやスマートフォンでは、キーボードを必要としません。



それはタッチパネルが採用されているからです。

富士ゼロックスのトナーに関するご案内です。

このタッチパネルのハードウェアは、液晶ディスプレイを直接指で触るか、専用のタッチペンを用いることで利用できます。

画面に表示されたものを、触ることで操作できるのがタッチパネルのハードウェアなのです。


従来のパソコンのユーザーインタフェースでは、画面にナビゲーションが出ても、それに従うには、マウスやキーボードを使いこなせていないといけませんでした。

キャノンのトナーの知識を持つことが重要です。

しかしタッチパネルのハードウェアの場合は、そのままナビゲーションに従い操作できます。

画面を直接触れて操作できるタッチパネルのハードウェアだからこそ、アプリケーションに誘導される通りに、操作することが可能です。
だからこそタッチパネルは、コンピューター端末のライトユーザーにも人気です。

従来のユーザーインタフェースのマウスやキーボードに慣れていない人でも、タッチパネルのハードウェアなら使いこなせます。

普及が頭打ちになりつつ在ったパソコンなどのコンピューター端末ですが、ライトユーザーを取り込みながら、再び普及のスピードを高めているのです。

そのキッカケを作ったのは、間違いなくタッチパネルのハードウェアです。



直感的で分かりやすいタッチパネルだからこそ、沢山のユーザーに受け入れられたのです。

http://www.jpita.or.jp/
http://www.acsp.jp/
http://www.cesa.or.jp/


Copyright (C) 2015 ハードウェアにおいてもっとも大切な概念とは All Rights Reserved.